IHクッキングヒーター用電磁波エプロンを購入してテストしてみました

IHクッキングヒーター用エプロンとは?

IHクッキングヒーターの電磁波とは」で説明しましたとおり、電磁波は周波数の違いによって多くの種類と特徴があります。したがってシールドしたい周波数にあったシールド材を使用する必要があるわけです。

通常の電磁波防護エプロンと言われている物は金属をメッキした導電性の布をエプロンに使用しており、高周波(マイクロ波)を遮蔽するようになっています。マイクロ波とは携帯電話やスマートフォンが使用する通信電波や電子レンジやパソコンから出る高周波などの10MHz~数GHzの周波数を対象としています。

しかしIHクッキングヒーターから出る電磁波は20kHz~50kHzとマイクロ波よりもずっと低い周波数なので、マイクロ波を遮蔽するような薄い生地状のシールド材では効果はありません。

今回購入したIHクッキングヒーター用の電磁波エプロンは厚みが1ミリ弱のパッド状のシールド材をエプロンの内ポケット2ヶ所に装着します。
そのパッドはナノ結晶磁性体層と導電性の高いアルミ層が重ねられた多層構造になっており、IHクッキングヒーターから出る周波数の電磁波を迂回、反射、吸収させることにより減衰させるという訳です。

商品の詳細はこちらのページにてご確認ください。

購入したIH電磁波用エプロンはシールド材の性能や大きさの違いにより3種類ありますが、一番高性能なVIPタイプを購入しました。

下の写真はエプロン裏側のポケットにシールド材を入れようとしているところです。腹部用と胸用の2枚のシールドパッドをそれぞれのポケットに入れます。シールドパッドの厚みは1ミリ弱で、軽く曲げることはできますが完全に折ってしまえば傷みそうです。
エプロンだけで電磁波カット出来ればいいのですが、 IHのような低周波磁界は、布のような薄いシールド材では対応できないのでこのようなスタイルになってしまいます。

実際の着用写真です。
シールド材のパッドの厚みは1ミリ弱で、お腹に沿ってカーブを描くように曲げて着用します。ひもでお腹のサイズの調整ができるので妊婦の方もOKです。 エプロンとパッドで500g程度の重さなので、体に負担ががかるような重い感じはありません。

脱け殻です。(^_^;)
面と竹刀があれば剣道ができそうです。あまり伸ばしたり曲げたりするとパッドが傷みそうなのでこの状態で置いてます。シールドパッドは洗濯できませんが、エプロンは洗濯できます。

電磁波のシールド効果は?

さて、実際の効果はどうでしょうか。電磁波は眼に見えないだけにやっかいです。電磁波測定器だけが頼りです。シールド用のパッドは腹部用の大きいサイズと胸用の小さいサイズがありますが、まずは腹部用パッドだけでテストしてみたいと思います。

IHクッキングヒーターの電磁波を測定しました」と同様に火力5(750W)と火力8(2000W)の2パターンで、密着した状態でどれぐら減衰するのかを調べましたのでご覧ください。

火力5(750W)でのシールド効果

距離0cm(密着状態)の対策無しで18.47mGであったのが0.96mGまで減衰しました。\(^o^)/ これならお腹をくっつけて調理しても大丈夫です。

シールド前:18.47mG

シールド後:0.96mG

火力8(2000W)でのシールド効果

最強火力の2000Wでも27.4mGもあったのが1.96mGまで減衰しました。
これも距離0cm。コンロ密着状態です。

シールド前:27.4mG

シールド後:1.96mG

実際にエプロンに装着した状態では

今度は腹部パッドと胸用パッドの両方をエプロンに入れて、実際に着用したときのイメージで効果を測定してみました。

IHクッキングヒーターに一番近くになる体の部分はお腹になりますので、エプロンの高さも実際の高さに合わせました。 火力5(750W)で距離0cm(密着した状態)で測定したところ0.48mGまで落ちました。上の写真のとおり腹部パッドだけの測定数値0.96mGがさらに丁度半分の0.48mGなりました。

シールド後(胸用+腹用):0.48mG

エプロン自体にはシールド性能は無いので、腹部用のパッドに加えて、胸用の小さいほうのパッド(11.25×33cm)が入ったことによる相乗効果でシールド性能がアップしたのかも知れません。

さらに、上と同じ方法で、今度は最強火力の火力8(2000W)で測定してみました。1.04mGです。やはり腹部用シールドパッド単体のときよりも、数値がさらに半分近くにまで落ちています。

シールド後(胸用+腹用):1.04mG

まとめ

使用後返品OKとのことでしたので効果が確認できなければ返品しようと思っていましたが、今回はお買上げということになりました。電磁波の人体への影響は「強さ」×「時間」と記載しているサイトもありましたので耐用年数がどれぐらいあるか分かりませんが、大切に使おうと思います。

パッド自体はしっかりしたものなので意外と耐久性はありそうです。メーカー保証は2年ですが、Q&Aでは「2年間では性能はほとんど低下しません。当社の試験ではアルミや磁性材も酸化などが進みますが、2年後でも90%以上の性能を維持しておりました。」とあります。
また、「通常使用の場合は、ほとんど劣化はなく5年以上使用可能かと思われます。」とのことです。

そうそう、一点だけ不満がありました。パッドがお腹と胸に入っているので、シンク下のラックなどから調味料を取ろうとしゃがんだ時に膝がパッドのエッジにあたってしゃがみづらいという点です。しばらくするとあたらない動作をマスターして慣れてきましたが当初はその点が気にかかりました。今回購入したIH用のエプロンは こちらのページで購入できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする